Vol.3 「ピンチはチャンス!」

福島県いわき市に住んでいる者です。

 

いきなりですが、タイトルにあるとおり、

私はピンチャンと呼ばれています。

 

わかる人にはわかるあだ名なんですが、

ピンチャンとはピンチはチャンスの略でのあだ名です。

 

このあだ名を拝命されたのが、3年前。

 

自分には、???

 

全く合っていないあだ名と思っていましたが…

 

その後は本当に年配者と比べるのもおこがましいですが、

ピンチの連続でした。

 

ですが、それらをチャンスに変えて乗り切ってきたと思います。

 

危機管理は色んな場面で学ばされた気がします。

 

少々長い、ピンチはチャンスというあだ名で名乗っていたのは、

高校からなので約10年以上。

 

ピンチャンというあだ名がついてから今では本名より、

ピンチャンと呼ばれた方がしっくり来ています。

 

前置きが長くなりましたが、

今福島県が抱えている課題は“ピンチャン”なのだと思います。

 

実を言えば、私あの地震時は無職でした。

 

働き口を必死で探していたときの震災には

さすがに自分はどうなるのか?と萎えました。

 

ですが、そこからの巻き返しが凄かったです。

 

まずは、震災から1ヶ月しないうちに

短期のアルバイトが見つかり、働き出しました。

 

期間満了ですぐに終わりましたが、

間髪置かず次の職場も決まり、今があり…

いわき市のPR隊として忙しくさせていただいてもらっています。

 

来年3月までの期間限定での仕事ですが、

精一杯やります。

 

震災原発問題であまりにも福島県が失ったものは大きすぎたと思います。

 

ですが、ピンチャンという名は体を表すじゃないですが、こういう人間もいます。

 

気楽に考えられない…と思うかもしれませんが、

前を向いて進むと決してマイナスじゃないことも出てくると思います。

 

ピンチャン…福島の復興の合い言葉にいかがでしょうか?

 

そんな私も「福島リアル」に参加しています。

 

見かけたらピンチャン!とお声掛けを(笑)

 

まげねぇぞ、福島!!

 

Twitter(#福島リアル)

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください