Vol.8「県民健康管理調査を書く」

2か月ほど前に届いた、福島県県民健康管理調査の問診票。
封を開けたまま、書棚にしまってありました。家族4人分。
最近、多くの友達と話をし、ほんといろいろ考えて、自分にできることを模索しています。
またふと思いついたのが、県民健康管理調査。
 
義務じゃないってこと、いまいちよくわからないってことでしまってあった書類。
 
でも、このような状況になる前もそうだった。
多くの社会的事象に無関心。
ニュースになったときだけ、知ったように文句言ってた。
義務である選挙でさえ、どうせって考えでなんとなくやり過ごしていた。
 
つい、今のことばかり考えがちで、そうなると、自己中心的で、ひろく前を向くことはなかった。
県民健康管理調査の問診票を開封したときも自分の被ばく量わかってもなぁって。
 
でもこれ、役に立つんじゃないか。
 
表向きは個人の外部被ばく量を調べるってなってるけど、
このデータが、多く集まれば、この先またこんな事故や事件が起きた時の
貴重な資料になるんじゃないか。
そうしたら、今回みたいに、みんな知りたこともわからない状況のなる前に、
先手を打つ対策ができるのではないか。
データをどう使うかは、専門家の方々にかかっているけど、先を広く考えれば、
今の私たちの生き方が、将来の方向性を大きく左右することになりそうで。
まだ今の状況が収束もしていないのに、と、おしかりを受けそうですが・・・。
 
記入してみた。
さすがに、9か月前の詳細な行動はなかなか思い出せません。
参考にする出来事カレンダー。
会社の出面表を参考に。地震後、復旧の文字が並ぶ、ほとんど屋根の上にいたっけ。
16日以降の休みは、家族と避難したこと。
会社の出面表を参考に。
地震後、復旧の文字が並ぶ、ほとんど屋根の上にいたっけ。
16日以降の休みは、家族と避難したこと。
しわしわなのは、台風15号で泥水に浸かったから。 
ひとり分、約1時間かかりました。書き始めれば、あんがい簡単。
その日その日のことをおもいだし、もはや懐かしくもあるこの一年を振り返りました。
 
県のホームページからも、書き方の手引きが見れます。
みちのくボンガーズのおかんと関君。
仕事中ラジオ福島をかけているので、ご存じの二人です。
 
しかしこのyoutube動画、再生回数がまだ一桁・・・。がんばれ福島県!!
それから、この調査、義務でありません。
今この時期、今年を振り返る意味でもおすすめの作業です。
         
                             そらいち
 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Clement (日曜日, 22 7月 2012 09:00)

    Hey. Very nice web site!! Man .. Beautiful .. Superb .. I will bookmark your site and take the feeds also�I am glad to locate numerous useful info right here within the article. Thank you for sharing.

Twitter(#福島リアル)

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください