Vol.20 「避難所で携帯に残していたメモ」

先ほど「福友ch_そらいちチャンネル」の

USTREAM配信でご紹介したブログです。

 

福友ch_そらいちチャンネルはこちら。

http://www.ustream.tv/user/dsk_blue

 

 

***********************

 

ついに日付が変わって3月11日。

今年も私は福島に帰省中です。

 

やっぱり大好きなふるさとで、

大切な家族と過ごしたいって思いました。

 

 

2011年3月17日に避難所で携帯に残したメモ、

あの日を振り返り、読み返してみました。

 

+--+--+--+--+--+--+--+


2011年3月11日 14時46分


絶対に忘れちゃダメな日。

 

もう少し居場所が悪かったら、

揺れが強かったら、

私は今ここに居なかったのかもしれない。

 

地震発生時、台所にいた私。

私の真後ろにあった冷蔵庫は倒れてこなかったけど、

すぐわきにあった食器棚は倒れてきて、お皿やグラスが砕け散った。

 

今回の地震で修学旅行や家族旅行で行ったことのあるところが

津波の被害に遭ったんだよね。


手元にある何年か前の写真に写っているあの綺麗な景色が、

こんなことになってしまったなんて…信じたくない。

全部全部変わってしまったなんて。

 

生きてる…って、大切な人と一緒のときを過ごせる…って、

すごいことなんだよね。

奇跡なんだよね。

なんで当たり前に思っちゃうんだろう。
なんで気付かないんだろう。

 

逃げたくても、生きたくても、

それが出来ずに亡くなっていった人たちがたくさんいる。

 

今も家族や大切な人と連絡がとれない人がたくさんいる。

そのことを忘れちゃダメだよね。

 

住む家があって、電気・ガス・水道があって、大切な人に会えて…etc

自分がどれだけ恵まれているか考えなきゃ。

 

地震に原発に…ってやり場のない怒りや不安、恐怖がこみ上げてくる。

 

でも負けないから。

時間はかかるかもしれないけど、また素敵な東北にするんだから。

絶対に。

今回の地震…いっぱい泣いたな。

 

長かった揺れへの恐怖、

ラジオから聞こえてきた励ましの曲や応援メッセージの嬉しさ…etc

 

地震の被害の大きさを知ったときは本当に悲しかったな…。

 

生まれ育った福島はもちろん大好きだけど、

親戚が青森,岩手,宮城にいるから、

「故郷=東北」ってくらいに昔から思い入れがあるんだよなぁ…。

大好きだよ、東北。


どんなことがあっても頑張るから。

守りたいんだよ…うん。

 

節電に義援金,救援物資,応援メッセージ…etc 本当にありがとう。

どれだけ励まされたか、どれだけ嬉しかったか…

悲しいし不安だけど、負けないから。頑張るから。


だから地震から1週間、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年…って

時間が経っても忘れないでほしい。

この地震の悲惨さや生きているのは奇跡なこと、

多くの人が悲しんだこと…etc お願いだから。


+--+--+--+--+--+--+--+


久しぶりにこれを読んで、失ったもの、変わったものは多いけれど、

このときの気持ちを忘れずに頑張っていこうと思いました。

 

私のふるさと福島。離れていてもこれからも愛し続けます。

 

 

 

******************************

 

3/10に震災から間もなく一年の思いを

私たちに預けてくれた大学生。

 

彼女が3/11は福島で過ごしたいと帰って来てくれて、

その日、携帯を振り返って

見つけたメールを私たちに送ってくれました。

 

また一人、後ろ髪を引かれる思いで関東に戻るのだろうけど、

ふる里福島に対する願いでつながっていたいです。

 

 

 

 

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

Twitter(#福島リアル)

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください