Vol.26「いろいろな形で関わりを持ってくれた皆さまへ」

福島をずっと見てほしい。そんなブログ。

「いろいろな形で関わりを持ってくれた皆さまへ」


 福島リアルを始めて、そしてこれから。

   

*************************************************

  

震災から約3ヶ月目のある出会いから始まったたくさんの出来事。


福島リアルはほんの些細な出来事からスタートしたことだったけど、

きっかけがテレビ番組だったこと、

未曽有の大震災、そして原発事故を受けたことで、

みんなが普通じゃない状況で始まったこと、

名前に福島とついていること、

そんなものに勝手に大きなプレッシャーを感じて、

振り返ればただただ必死にやってきた10か月でした。


それを通して得たものは大きかった。


やればできるという自信につながった部分も少しはあったけど、

それ以上に何かをやることの大変さ、

これでよかったのかという思いのほうが大きくて、

何かを始めることがどういうことなのか身をもってわかった気がします。


ただ、福島は何も終わっていないし、何も片付いていない。


そんな中で、自分たちが始めたことに関わりを持って下さった

たくさんの方々に、今回のようなテレビでのご報告を

まず、お詫び申し上げます。


自分は少し、いろんな意味で自分の結婚を半ば諦めているところがありました。

それでもいいという覚悟もありました。

その覚悟を寂しく受け止めていました。

個人的な心情を話すと、そういう思いの中で始まった

福島リアルでもありました。


そんな中で出会うことのできたカメラマンの小川さん。

実は、小川さんに最初に聞いた質問は

「福島の女性って他県の人から見てどうですか?」というものでした。


あの頃、なんとなくもう福島の女性は…。

っていう漠然とした不安があって、

どうしても聞いてみたかったことでした。


その時答えてくれた言葉が、自分の気持ちを少し軽くしてくれて、

いろいろ相談できる人になっていったように思います。


「自分は福島のために何かしたくて、

ずっとこうしてカメラを回しているけど、

結局何もできない無力感があって。

そんな中でもし、福島の女性を一人幸せにすることができるんだったら

そういう人が現れたら、自分も福島の家族になれるし、

カメラを向ける気持ちも変われる気がする。」


まさか本当にこうなるとは思ってなかったけど、

時には「東京の人にはわからないよ」と当たったこともあった自分を、

ここまで支え続けてくれ、本当に大切な人になっていきました。


これからは、自分が福島を離れて、

彼のほうが福島に多くいることになるだろうと思います。


まだまだこれから。


これからの福島をずっとずっと撮り続けて

多くのことを教えてほしい。


たくさんの人に届けてほしい。


そして私も、距離が変わることに慣れるまでに

少し時間がかかるかもしれないけど、

そこから見えてくることから出来る事を、また考え出したいです。


今までの出会いを大切にしながら。


今後とも、どうかよろしくお願いします。


            201249日 関根妙子

 


 

*************************************************

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ゆうか (水曜日, 25 4月 2012 20:31)

    初めてコメントさせて頂きます。浜通り出身で関東在住のゆうかと申します。
    4月の放送拝見しました。ご結婚おめでとうございます!!本当に良かったですね!この10ヶ月、テレビ越しで応援してきた所為か自分のことのように嬉しいです(泣)

    正直言うと・・・福島リアルでの活動が、関根さんの足かせになっているようにしか見えませんでした。大変でも、きっとたくさん得られるものがあったのだと思いますが・・・。この活動は福島に住む、誰かがやらなきゃいけなかったのかもしれないけれど、テレビで見た限り、箭内さんが自分がやりたいことを丸投げしたようにしか見えなかったから。個人的意見で申し訳ないです;

    でも、福島リアルを通して、大切な人に出会えたことも事実なんですよね。そもそも震災、原発事故がなければ出会わなかった人だったかもしれません。そう考えると皮肉でもあるし、不思議な巡り逢わせですよね。関根さんには、幸せになることを諦めないで欲しかったので、本当に良かったです!

    私は、震災の直前に結婚で関東に引っ越してきました。まだまだ、関東に馴染めません。新しい季節がやってくる度に、生まれ育った地元を思い出してしまいます。その度に、やっぱり私は福島人なんだと思います。
    東京の生活には少し慣れましたか?福島はまだ寒い日が多いのに、関東はもう初夏の陽気ですよね。体調に気をつけて、第二の人生頑張って下さいね!!私もまた一歩、踏み出したいと思います。
    御主人と末永く、お幸せに(^^)v

Twitter(#福島リアル)

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください